2018年4月12日木曜日

ピロリ菌除菌件数の集計~2017年度~

ピロリ菌除菌件数


2017年度(2017年4月~2018年3月まで) に施行したピロリ菌除菌で除菌判定が済んでいる方の結果を集計してみました。


結果は、

  1次除菌     施行患者数  92 

                     成功   84    不成功   8 名

   1次除菌成功率  91.3 % 2017年4月~2018年3月


なお、開院以来(2016年4月以降)のトータルの1次除菌成功率
  93.4 %(128名成功/137名中) でした。


1次除菌不成功だった方で、2次除菌を行い、除菌判定済みの方(4名)は全員除菌成功しています。
( 今のところ 2次除菌までの除菌成功率は 100 % ) 

1次除菌不成功の残りの方も2次除菌薬を内服し、現在除菌判定検査の待機中となっています。
 

 ロリ菌胃がん発症のリスクになり、家族内感染(子供にうつる)をすることが知られています。

胃がんを患ったご家族ピロリ菌を指摘されたご家族がいらっしゃる場合には、是非早めの検査をお勧めいたします。


また数年前までは、ピロリ1次除菌率は全国的には7~8割程度と言われていました。

過去にピロリ菌の除菌薬を内服したものの、成功しているかどうかの検査(除菌判定)を受けていない方は、必ず除菌判定検査を受けることをお勧めいたします。


ピロリ除菌の成功率の向上正確な除菌判定にはちょっとしたコツや注意点があります。

今後もピロリ感染症の撲滅を目指して、積極的に除菌治療を行っていきたいと思います。

( 2016年度の集計はこちら )